DSCJ統一級団体(JDSF,NJDC,JPDSA)の競技会スケジュールの見方

DSCJ統一級団体(JDSF,NJDC,JPDSA)の競技会スケジュールの見方を「2017年度DSCJ公認競技会 関東甲信越ブロックAリーグ部」をもとに解説します。

団体(A,N,P)

「団体」列にあるアルファベット大文字はそれぞれ

AはJDSF(日本ダンススポーツ連盟)が主催するダンス競技会、

NはNJDC(新日本ダンス連盟)が主催するダンス競技会、

PはJPDSA(日本プロフェッショナルダンススポーツ協会)が主催するダンス競技会を指します。

数字(0~)

上画像の赤枠にある数字は、その競技会にて実施される級区分の数を表しています。

例として7月2日の「岐阜2017競技大会DS競技大会 」では級区分の数は以下の通りです(シラバス抜粋)。

【2017/7/2 岐阜2017競技大会DS競技大会の場合】

スタンダードA級・・・1区分
スタンダードB級・・・1区分
スタンダードC級・・・2区分
スタンダードD級・・・2区分
スタンダードノービス級・・・2区分
ラテンアメリカンA級・・・0区分
ラテンアメリカンB級・・・1区分
ラテンアメリカンC級・・・1区分
ラテンアメリカンD級・・・1区分
ラテンアメリカンノービス級・・・1区分

2区分以上が実施される級は競技種目がそれぞれの区分で異なっているため、自分がより得意とする種目が含まれている区分にエントリーするといいでしょう。

種目の詳細はシラバスのPDFに記載されています。上記シラバスの例ではD級はワルツ(W)・タンゴ(T)の2種目を行う区分と、スローフォックストロット(F)・クイックステップ(Q)の2種目を行う区分があり、どちらにエントリーするかは選手側で選択可能です。

※もちろん同時にエントリーすることも可能です。